武蔵野市

私のラーメン店評価基準はこちら


黄金の塩らぁ麺 DueItalian @東京都千代田区
訪問 2014年5月8日(訪問2回目)


黄金の塩らぁ麺

店主の石塚さんはかのTBSガチンコ!ラーメン道に出演していた経歴の持ち主とのことだが、もはやそんなことは関係ないほどの立派ならぁ麺をお創りになる。ラーメン店なのだが石塚シェフ、と言いたくなる店内。「黄金の」とはよく言ったものぞと思わせる照明の具合も含めて光り輝くらぁ麺。まさに東京ならではのラーメンである。…

全文を表示

私のラーメン店評価基準はこちら

武蔵家 @吉祥寺
訪問 2014年1月5日(初訪問)

ラーメン

1999年から吉祥寺で勝負している横浜家系ラーメン店。中央線高架下にあり、近くを通ると強烈なニオイを漂わせていたが、一度も入店したことがなかった。ごく最近にマルイ裏へ移転。満を持して?の初訪問。いわゆる他の家系ラーメン店とは違い、家系にしては落ち着いた店がまえ(あくまでも家系の中では、だが)。

正月明けてすぐの夜遅くで、まだまだ都内は人が少なめのはずなのに引っ切りなしに来店客あり。比較的客層は若い。…

全文を表示

私のラーメン店評価基準はこちら


煎りにんにくラーメン よしきゅう膳
訪問 2013年12月12日


日高屋や王将など、ラーメンを専門にしている店ではなく定食なんかも扱っていてチェーン店的な店をこのブログに書くのは本意ではないのだが、とはいえこの店、本店はこの吉祥寺店で、あとの2店は上越市と妙高市なので書き留めておく。
前文に書いたように、この店、生姜焼き定食からカツカレーまで、ラーメン以外にも様々なメニューがあり、吉祥寺駅前にあって朝8時まで営業。仕事帰りから深夜の夜食、朝帰りの人までに融通されている店である。

とにかく井の頭線吉祥寺駅のホームの一部は、この店の換気口から排出される強烈なニンニク臭に満たされている。ま、僕にはイヤなニオイではなく、むしろ食欲をそそられたりするのだが、イヤな人にはイヤかもしれない。たまさか換気口が駅の下なのだろうからしょうがない。…

全文を表示

私のラーメン店評価基準はこちら


一圓
訪問 2013年10月6日。


ラーメン

マスコミには殆ど登場してこないが、今のラーメンブームの遥か前から、そして今ほど吉祥寺の中道通りがフューチャーされる遥か前から店舗を構える、地元の人に愛される店。
こういう店こそ強いと思う。

味は至ってシンプルな醤油ラーメン。ソツのない美味しさとでも言おうか。…

全文を表示

私のラーメン店評価基準はこちら


ぶぶか at 吉祥寺
訪問 2013年8月10日(2回目。現在の場所になってからは初の来店)。


長年吉祥寺で親しまれる店。油そばを流行に乗せたラーメン店として有名(正式には油そばの元祖は武蔵境と東小金井の間にある珍々亭)。

京王吉祥寺ビルの建て替え大工事により、今までの場所からの移転を余儀なくされ、現在吉祥寺パルコ裏にて元気に営業中。…

全文を表示

私のラーメン店評価基準はこちら


らぁめん一二三 那由多
訪問 2013年7月19日(一二三時代は2回、那由多になってからは初の来店)。


吉祥寺で名を馳せた「らーめん一二三」が閉店したのが一昨年の10月。Jazz好きのオヤジさんだったのだが、健康上の理由で辞めたのだそうだ(今は復活してきているそうだが)。それで、急に任された方が一二三を受け継ぎ、しかし進化させて同じ場所にオープンしたのが「らぁめん一二三 那由多」である。那由多になってからは初来店。夏期はつけめん専門とのこと。

この時点で熱いらーめんを食べに、すでにもう一度来ることを約束されたようなものなのだが、当然つけめんを食する。…

全文を表示

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life