私のラーメン店評価基準はこちら


タロー軒
訪問 2013年9月17日(過去何度も来店)。


ラーメン

ハッキリ言ってしまおう。
ここのラーメンは激ウマではない。
いや、むしろ人によってはマズいとまで言う人もいるかもしれない。
よもや上品なラーメンでもない。
でも僕はかれこれ20年近く、この店を愛用している。
そう、それは超深夜帯に。

高円寺。実際には青梅街道の新高円寺から入ってすぐのロードサイドにある。
タクシーの運転手さん御用達。
何と言っても24時間営業だ!
これがいい。
いつ何時行ってもやってくれている。
永年中央線界隈に住む人間にとって、ドライブ帰りに寄るには持ってこいなのだ。

僕は毎度超深夜帯(25時以降)に利用するが、満員になっているのを見た事がないかわりに、客がいないのも見た事がないくらい、パラパラとだが常に客がいる。
それだけ固定ファンがいるということである。
こういう店は強い。
基本、立ち食いである(改装してからテーブルも置かれるようになった)。

ラーメンはシンプル。
分厚いチャーシューにネギ、メンマ、ワカメ。
チャーシューは脂こくて、丁寧に創りました!な感じではない。
ワカメなんかは当直のオッサンの匙加減一つで量は変わる。
このエエ加減さも許す。

シンプルに見えるが、実はスープは洋食のブイヨンをベースにしている。
煮込んだ野菜の甘みも舌で味わえる。意外に深いのである。

この店のもう一つの特徴は、メニューにカレーがあること。
1、2回しか食べたことないのだが、いわゆるまかないのカレーっぽいというか、深夜に腹を満たすにはちょうどいい感じなのよね。
半カレーとラーメンのセットもある。

昼に高円寺にいることがない、ということもあるが、このラーメンを昼に食べようという気はあまりしない。
やはり超深夜だからこそ!のラーメンな気がする。
杉並界隈における超深夜帯オススメラーメン店の一つ。

あとは、阿佐ヶ谷〜荻窪の早稲田通り沿いにある大慶
下井草の東京で食べられる博多ラーメン最高峰御天
荻窪〜西荻窪の青梅街道沿いにある山ちゃん
どの店も「車じゃないと行きにくい」のが共通している。

昔のタロー軒の写真が店内に

現在の外観

マズい、とか書いたが、こんだけ行ってれば多分美味いから好きだから行ってしまうのだろうね。

2 Responses to タロー軒 @高円寺

  • 中村一郎 says:

    マズイですよ!
    でも、たまに近くを通ると、何故かちょっと食べてみたくなるのが不思議です。
    でも食べたあと、いつも後悔します!
    今度は絶対食べないぞ!と、毎度誓うんです。
    ちょっと気持ち悪くなるし…

    • ocean says:

      コメントありがとうございます!
      かれこれ20年以上、超深夜帯に行っているタロー軒ですが、私も年をとり、次の日にちょっと気持ち悪くなることも出てきました。
      でも、しばらく感覚空けると、なんとなく食べたくなってしまうのも不思議な所です。
      最近はカレーだけというのもたまに食べます。

      どちらにせよ、コロナ禍でもずっと24時間営業を貫いていましたし、長年客付きがいいのはやはり凄いことだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life