私のラーメン店評価基準はこちら

noodle kitchen 六九麺@高円寺
訪問 2020年3月21日(初訪問)

noodle kitchen 六九麺 Twitter
noodle kitchen 六九麺 Facebook

玉子醤油らぁ麺

高円寺自体が昔も今もラーメン激戦区なのだが、この店は左に都内あちこちに店舗を構える二郎系のラーメン大、右に銀星という2つのラーメン店に挟まれるという立地。
しかも、このすぐ近くにも天下一品があったりと、ラーメン博物館やラーメンストリートみたいに誘致してるわけでもないのに、これだけの店が存在するという、つくづく高円寺というのは奇妙な町である。

もちろんロックな風体のスタッフが迎えてくれるのだが、ラーメン自体のフォルムはロック的というよりは割とオーソドックスな中華麺。
細麺で食べやすい。
ただし、スープはなかなか骨太で、今風のネオ醤油ラーメンである。
熱々チンチンのスープで供される。
カイワレがいいアクセントだ。

鶏薫る醤油、海薫る塩と名付けられたスープたち。そして、醤油には山椒油、塩には柚子胡椒を入れて味変させる工夫。
もう書いてるだけで旨そうだが、さらに突き抜けるためにはもうワンパンチツーパンチ欲しいところ。

若干古めのロックがBGM。リズムに乗って湯切りが行われる(たまたまなのかもしれないが)。

カウンターのみ。ハンガーあり。荷物置きはイスの下で、ティッシュ・ヘアゴム・紙エプロン・油とり紙など完備。

さすがに杉並区の中でも一人暮らし率の高い高円寺だけあり、26時まで営業(金土祝前日は27時)という有り難さ。
24時間営業のタロー軒といい、これだけあらゆる種類のラーメンが深夜帯まで食べられるのも高円寺ならでは。
息長く続いて欲しいものだ。

六九麺の場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life