私のラーメン店評価基準はこちら


うだつ食堂 @早稲田
訪問 2019年1月25日(初訪問)

青ねぎ中華そば 生卵

流石に東京だけあって、各地のご当地ラーメンが食べられるわけだが、徳島ラーメンはなかなか少なく当ブログでも高円寺のJACくらいである。
今回のうだつ食堂は早稲田、まさに大学の大隈講堂北にあるリーガロイヤルホテル早稲田のすぐ前に鎮座している。
もう18年もやっているというから息が長い。

今回は青ねぎ中華そばを食したが、より徳島感を出すには甘辛さが倍増する肉そばだろう。
トロミと粘りのあるスープにやはり生卵は欲しい。さらに甘辛豚バラ肉。
かなりの濃さで攻めてくるのだが、現地で食べた徳島ラーメン「いのたに@徳島」を考えると、もっと濃く、甘くてもいいくらいかもしれぬ。

このスープに後ほどご飯を投入するのはさぞ合うことだろう。あとですだち酢を入れるのもいいアクセント。

テーブル席がほとんどでカウンター少し。ハンガーなし、物置あり。店内は徳島の風情。
大きめの画面に延々と流れるYouTuberによるこの店の紹介Vが少々ウザい。

とにかく徳島ラーメンを味わうなら、店の数が少ないだけに十分に堪能できるし、都電の早稲田からは近くとも、東西線の早稲田からだと少々歩くことを考えても18年やれているのは支持されている証左。
ただ、あらためて食べてみると、徳島ラーメンというジャンルがあまりにも確立されていて微妙な味の変化などを楽しむようなものでないのかもしれない。
もちろん、そうはいってもこれもれっきとしたラーメンの派生の一つだ。

うだつ食堂の水

うだつ食堂の場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life