私のラーメン店評価基準はこちら

雪濃湯 @向ヶ丘遊園
訪問 2019年5月30日(初訪問)、7月11日(訪問2回目)

醍醐麺 玉子

紅醍醐

雪濃湯と書いて「スールンタン」と読む。小田急向ヶ丘遊園駅前で25時までやっている。だからなのか、筆者は深夜に2度行ったがつねにお客でいっぱいである。登戸〜向ヶ丘遊園は小田急の急行停車駅にも関わらず、言うほど店が少ないだけに重宝されるのかもしれない。

ハッキリ言えばかなりジャンクな味であり、無化調などクソくらえ的な味なのであるが、いやいや、こういう味ってクセになる。周期的にどうしても食べたくなるような中毒的要素のあるラーメン。コクとろ。

牛骨スープということであるが、ギュウギュウしている感じでもなく、かと言って卓上には紅生姜やゴマ等豚骨的トッピングもいっぱいなのだが純粋な豚骨というわけでもない。
もはやグッチョグチョで渾然一体のエロいラーメンである。食べれば口の周りがネッタネタにテカる。
ちょっと塩っぱい。

とにかく夜中にチュルッと食べたい時にはもってこい。スープの中にご飯もブチ込むのもオツ。
こういうラーメンは上品さとは真逆でガッツリ頂くに限る。それも旨し。

紅醍醐は辛ネギが大量にブチこまれたラーメン。

醍醐麺という名前はもとの店名が醍醐だったことからなのだそうだ。この界隈では貴重なラーメン店だけに、この味の中毒患者を増やして頂きたいところだ。

雪濃湯の水

雪濃湯の場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life