私のラーメン店評価基準はこちら


麺・粥 けんけん @立石
訪問 2018年11月1日(初訪問)


けんけん香麺+中華粥

京成線立石という、れっきとした23区内にありながらおよそ東京在住の人でもよほど東京の東側に住んでいる人でない限り「どこそれ?」となりがちな場所で元気に営業している店。

いわゆる中華料理店に行けば麺類と中華粥のメニューは組み合わせられるが、この店は「ラーメンと粥」をメインにして勝負している。
粥なんてご飯なんだから、どんなラーメンだって合いそうなもんだし、他の店でもこの組み合わせは存在していいようなものなのだが滅多に他にはない。やはり手間の問題なのだろうか。
そしてこの店の麺と粥の加減が量といい味といいまた絶妙なのである。

けんけん香麺は、これだけラーメンを食べていても他で食べたことがない味で、自家製ニンニク油にニラキムチ・モヤシにメンマまで入って一気にイケる。
ニンニク油は風味付けで、数種の香味野菜をカリカリに揚げ、乾燥させてからすり潰したものが上部に鎮座。
辛そうにみえても辛すぎず、ちょうどいい塩梅で独特の味に仕上がっている。

そんな香麺の個性的なスープにも関わらず、粥の味は負けない。ホタテの出汁がよく効いていて旨い。
柴漬けとの相性もよく、粥にもスープにも合う。

そんなわけなのでクセになる味。この味を求めてリピーターになってしまうのも分かる。
なんつったって粥だから腹に良い。腹に優しい。
そういうわけで店内は25時まで客が途切れない。地元の人が多いのも分かる。
かと言って一見さんが入りにくいことは全くなく、夕食をとる人、〆にラーメン一杯の人、飲みながら長居する人達が同居して、良い空気が流れている。

カウンターにテーブル席は2卓。ハンガーあり。麺の種類も豊富だし、酒のサイドメニュー類も充実。他のメニューも食べてみたいところだ。

麺・粥けんけんの水

麺・粥けんけんの場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life