私のラーメン店評価基準はこちら


麺屋 海神 @吉祥寺
訪問 2016年9月18日(吉祥寺店は初訪問)


あら炊き塩らぁめん
海神あら炊き塩らーめん

海神あら炊き塩らーめんアップ

蛤らぁめん
海神蛤らぁめん

海神蛤らぁめんアップ

徹底的に魚ラーメン塩ラーメンにこだわっている店。使用するアラは毎日違い、店頭に何の魚を使用しているか表示される。基本は細麺で、繊細でもあり海の豪快さを放つ魚アラ出汁とよく絡む。
蛤らぁめんの麺は平打ち。
どちらにせよとことんあっさりのらぁめん。

魚へのこだわりはチャーシューが無いところからも伺える。鱈のすり身と海老を練り込んだつくね、そして鶏のつくねの2つ。鶏つくねが唯一と言っていい肉っぽさである。

海神あら炊き塩らーめんアップ

麺やスープやつくねで海っぽさを味わった上で、薬味のアクセントを愉しむ。白髪ねぎ/生姜/針生姜/みょうが/大葉/赤唐辛子。
とくにみょうがのアクセントが抜群で、この微妙なアクセント感は大人向き。

カウンター、テーブルどちらもあり、ゆったり楽しむ系。ハンガー荷物置きもあり。

恐らく、、敢えてなのだろうが1号店の新宿店も吉祥寺店も1階に店舗はなく目立たない2階にある(2016年オープンの池袋店は1階のようだ)。ショバ代の問題もあるだろうし、こういうラーメンが好きな人だけ来てちょうだい、なのかもしれない。
とにかく目立たず、そういった意味では「入りにくい」とも言えるので、2階であっても入りやすさや分かりやすさを考えた方がいいのに、と思う。そして、若干外観が汚い(入居しているビルそのものが綺麗とは言えない雑居ビル)ので、店の外だけでも清潔感を出したいところ(誤解なきよう申しておけば、店内はキレイだ。だからこそ勿体ないのだ)。

海神の水
海神の水

麺屋 海神 吉祥寺店の場所
駅からほど近いが分かりにくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life