私のラーメン店評価基準はこちら


ラーメン横綱 @松戸
訪問 2014年4月16日(松戸は初訪問。三重川越店は数えきれないほど訪問。)


ラーメン




知っている人にしたら、良くも悪くもなんでこの店を紹介するの?とも言われかねない。しかしながら、京都大阪や中京圏の幹線道路沿いを通った事がある人なら間違いなくその存在を知っているであろう店、それがラーメン横綱である。

僕の場合は三重県出身なので、三重への帰省時などには川越店へちょくちょく行っていた。これだけ店舗数のある店なので、店主が自身の店で渾身の力で一杯一杯愛情込めて創作するラーメンとは言い難い。ハッキリ言ってジャンクな味である。でも、だからこそ思い出も含めてたまにムショーに食べたくなる。そんな関西圏で勢力を持つラーメン横綱が、どういうわけか千葉県にだけ3軒店舗がある(柏、松戸、千葉ニュータウン)。今回は松戸へ。

久々に来店したので、知らぬうちにメニューが増えていた。鉄板チャーハンなんて昔はなかったし、若鶏の唐揚げのようなサイドメニューもあったかどうか記憶にない。とにかく、関東でも都心部に至るまで幅を利かせて成功している王将や日高屋などに対抗するようなメニュー構成になっている。


鉄板チャーハン。自分で卵をといて鉄板へ流し込む。ペッパーランチ風ではあるが味は薄め。

『横綱』と銘打っているけれど、ラーメン自体、ジャンクではあるがガツンとくるほどのものでもない。深夜にペロッといける食べやすさ。天下一品のラーメンを淡くした感じ。そう、天一と同じく、これは京都の屋台発祥のラーメンなのだ。

横綱に昔からある嬉しいサービスと言えば「ネギ入れ放題」。これは今でも健在。昔はザルにドカンとネギが盛られてテーブルに置かれていたが、さすがに今はビンに入って出てくる。スープや麺との調和は度外視されているので入れ過ぎ要注意。僕はある程度入れたあと、ほぼ全部食べ切ってからネギスープにして飲む。




僕は横綱は横綱で好きである。
あくまでその上でモノを言わせてもらうと、千葉県なども含めて地方の幹線道路沿いといえば「◯◯ラーメン」とキラビやかなネオンに導かれているラーメン屋がとても多く、例えば三重県川越店などは、国道23号線がこの店へ入る為に渋滞を起こしたりする(横綱渋滞)。そして、そういう光景や、客が入っているのを見るたび、ラーメン文化の発展も東京一極集中になっているのだなぁと感じざるを得ない。普段、こういったラーメンばかり食べている人に東京の多種多様に分化されたラーメンや繊細なラーメンの味を分かれと言ってもどだいムリな話である(それでも昔に比べたら東京で修行を積んだ職人さんたちが地方へ帰って少しずつラーメン文化を広めていってくれていると思うけれど)。
ラーメンはこれからまだまだ発展していく、可能性ある食文化だけに、様々な味が地方にも広まっていって欲しい。昔ながらの味、ジャンクな味、創意工夫された味、ラーメンは様々でおもしろい。


こういう外観のラーメン屋が幹線道路にいっぱい。朝までやっているのも嬉しいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life