私のラーメン店評価基準はこちら


鯛塩そば 灯花 @曙橋
訪問 2016年4月4日(初訪問)


鯛塩そば 半獣味玉付き
鯛塩そば 半熟味玉付き

鯛塩そば 半熟味玉付きアップ

もはやラーメンというよりはにゅうめんのような、ラーメン屋というよりはちょっと軽くカウンターで和食を食べられるような、そんな店。

もちろん、にゅうめんではなくてラーメンそのもの。細麺だけれどしっかりと味わえ、全く新しい塩ラーメンと魚ラーメンのコラボと言ってよく、そのどちらの道にも行ってない。店の雰囲気を含めて新たな道を開拓している。鯛出汁が実にあっさりと仕上がっていて秀逸。

鯛茶漬けが美味いのは、ある意味当然というか、どこ行ってもそこそこ美味いのだが、茶漬けというよりこの店の場合ラーメンのスープを「茶」の代わりにする。「鯛ラーメンスープ漬け」である。鯛刺、胡麻だれ、山葵、そしてご飯とスープが実に見事に味蕾を刺激する。15食限定なのだが、これを食べなきゃ、と思わせる味だ。逸品。

鯛茶漬け
鯛茶漬け

まずは鯛刺胡麻だれとご飯だけで食す
胡麻ダレの鯛と飯

そしてスープを入れて、途中炒り玄米をトッピングする、実に美味すぎる
鯛茶漬け玄米

カウンターのみ。荷物置きはカウンター下にあり。店の和の雰囲気づくりにもこだわっていて、三味線のBGMが流れている。水は卓上に置かれているが、コップではなく湯呑みで飲む。器の形もユニーク。

灯花の水
灯花の水

都営新宿線曙橋駅と、今大人の街として話題の四谷荒木町の間くらいにある。東京の王道の街とは少し離れているので、東京人でも行ったことがない人も多かろう街にひっそり(?)佇む、和のラーメンの進化に注目だ。

灯花提灯

灯花外観

灯花の場所


Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

タグ一覧

アーカイブ

Produced by Get a life