私のラーメン店評価基準はこちら


えぞ菊 @西早稲田
訪問 2018年11月15日(訪問2回目)


味噌 味付玉子

味噌ラーメンはそんなに食べない筆者であるが、ミョーに「味噌ラーメンが食べたい」日も存在する。味噌ラーメンはどこまでいっても良くも悪くも味噌以上の味わいにならないため進化しにくい面があるけれど、それでも最近はネオ味噌ラーメンの新鋭も出てきているようだ。
そんな中、このえぞ菊は昭和43年創業変わらぬ味という文句通り、古式ゆかしい味噌ラーメンである。

上記したように、ともすると発展してナンボのラーメン業界、味噌すら工夫が施されている中、この味はいい意味で時が止まっている。
味玉、メンマ、モヤシ、海苔、チャーシューのどれもがオーソドックス。奇をてらっていない。

そんな昔から変わらぬ味を表すためか?店内のBGMはずっと懐メロである。深夜でもベテランと思しきおっちゃん2人の従業員が武骨にラーメンを作り出す姿もオツなものだ。
ラーメンと餃子だけで勝負している。

終電後26時でも客はやってくるくる。ただし、基本的に男子。禁煙ではないため、横でタバコを吸われる可能性もあり、ガテン系ラーメンではないにせよ「そういう店」と割り切ればよい。
朝4時まで営業という頼もしさ。

高田馬場←→早稲田の間、早稲田通り沿いにあるため、周辺の学生にはお馴染みのオレンジの看板。早稲田から「馬場歩き」をして帰る学生で知らぬ者はいない。ただし、入店したことがあるかは別で、筆者も記憶にある限り今回で2回目なのだが、以前よりキレイな店内になったかな?という印象である。
カウンターのみ。ハンガーあり。

えぞ菊の水

えぞ菊の場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life