前回の調査が2007年11月なので、
待望約4年半ぶりになろうか、
日経トレンディ誌上の名物企画「ホテルランキング」が今月号に掲載されている。


もう20年近くこの企画は継続していて、
その細かな採点、取材力は毎度ホテル評価の基準の一つにしている。
(ちなみに毎回ほぼ同時期に週刊ダイヤモンドでもホテルランキングをやるが、
僕は日経トレンディ派)


前々回(約8年前まで)は、
客室面積の数平方メートルの違いや用意するサービスの数など、
単純に「数字による比較」を基準としていた。
(この回の総合1位は新宿のパークハイアット東京


そして、前回の採点テーマは「NOと言わないサービス」
(宿泊客の切迫したニーズや、滞在中に自然に出る欲求に対してしっかり応えられるか?
それが満願回答でなくても、代替案を出したり応えようとする姿勢が見えるか?
客のわがままならいざしらず、常識的な範囲でモノを頼んで本当にホテルは「NO」と言わないのか? )
この時も数多く外資系ホテルが開業している最中、パークハイアット東京が首位死守。


しかし。。。
前回から約5年。
都市部のホテルは様変わりした。
いや、今までこの調査で扱っていたような【高級ホテル】の数は、
前回調査時からそんなに変化していない。


顧客側の都市部のホテル選びが変化したと言おうか。
高級ビジネスホテル、ビジネスホテル、エコノミーホテルといった感じの、
とにかく利便性も高くて、部屋も寝るには十分なほど綺麗でそこそこ広く、
朝食も無料、コンビニ併設、
みたいなホテルが異様に増えた。
(ダイワロイネット、アパホテル、リッチモンドホテル、三井ガーデン、ドーミーイン、東横イン、ルートイン、スーパーホテル。。。と枚挙に暇無し)


そんな中で、もはや予約サイトのクチコミ採点評価では実力は分からない!
京急EXイン品川駅前 4.27
スーパーホテル東京日本橋三越前 4.22
この0.05点の差はなんぞ??
コストパフォーマンスを再定義すべき。


として、


今回の調査はホテルを「ファーストクラス」「ビジネス」「エコノミー」と、
ホテルを3クラスに分けて考え、
従来の基礎評価プラス〈アクセス〉〈スマートさ〉〈朝食〉〈スペシャル〉を含めた全53項目で採点されている。


例えば。。。ホンマに細かい採点項目の一例
客室の広さ(メジャーを用いて実測。公称面積と異なる。)


枕元にケータイ用のコンセントはあるか(あれば1点、なければ0点)


客室に空気清浄機はあるか(備え付けなら2点、貸出なら1点、なければ0点)


レインシャワーがあるか(あれば1点、なければ0点)


雨にぬれずにたどりつけるか(無料送迎バスも含めてたどりつければ1点、なければ0点)


忘れ物は保管されていたか
(裏面にシールを貼ったSDカードを客室の机に放置してチェックアウト。その日の夕方以降にホテルに電話を入れ、保管されているか確認。清掃係の配慮がどこまで行き届いているかチェック。保管されていれば2点、されていなければ0点。)


スマートフォン用の充電器は借りられるか
(iphone、アンドロイドどちらもあれば1点、いずれか片方なら0.5点、なければ0点)


優秀なコンシェルジュはいるか
(「空港や駅などでは買えない、珍しい土産を教えてほしい」とリクエスト。客のニーズに応えようという姿勢があるか。対応が親身でかつ提案内容も適切なら2点、提案内容が平凡なら1点、親身でなかったなら0点。)


などなど。


そんな中で、東京の、そして全国の1位は。
ついにパークハイアットの牙城が崩れた


東京&全国総合1位の点を叩き出したのが、
今年5月にリニューアルオープンしたてのパレスホテル東京

これは僕も盲点、というか新規開業してからまだロビーも行けておりませぬ。
チェックしにいかんといけませんな。


以下、2位シャングリラホテル東京、
3位ペニンシュラ東京
4位マンダリンオリエンタル東京
5位リッツカールトン東京

という順。ただし、コストパフォーマンスが最も高いとされたのはホテル新橋三番館。


大阪は、いつも東京の上記ホテルと差があり、
大阪1位でも全国ランクだと東京のホテルの下という位置づけだったが、
ついにセントレジスが全国順位でも5位につける躍進ぶり。

ただし、コストパフォーマンスが最も高いとされたのはホテル阪急インターナショナル。


名古屋は相も変わらずマリオットアソシアの独壇場。全国18位。


京都は京都ブライトン、神戸はラスイート神戸ハーバーランドなど。


ただ、、、、
とても今回残念だったのは、ビジネス/エコノミーの取材を増やしたために、
ファーストクラスホテルの取材基準を
「’07年以降に開業もしくは’09年以降に快走、建て替え、増築のいずれかを行ったホテル」
「客室60室未満のホテルはチェック対象から除外」にした点。


だから、例えば東京だけでも、帝国、オークラ、ウェスティン、フォーシーズンズ等々名だたるホテルがチェックされていない(ニューオータニはエグゼクティブハウス禅が開業したから入っている)。


横浜もロイヤルパークや、インターコンチ、パンパシといったホテルが入っていないし、京都も京都ホテルすら除外されている。


チェックから外されたということは、その分経年劣化しているとも言えるが、
是非ともこれらのホテルのチェックはして欲しかったというのが正直なところ。


やっぱり大好き帝国ホテル

次回はまた5年後くらいになるのか。
東京は大きなところでは今年東京ステーションホテルが開業するくらいだが、
大阪は梅田のインターコンチネンタル、阿倍野ハルカスのマリオット都ホテルがオープンするので要注目だ。


しかし、これくらいの採点基準で「旅館」もチェックして欲しいものだが、
なかなか難しいのかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life