私のラーメン店評価基準はこちら


春木家本店 @荻窪
訪問 2014年5月25日(初訪問)


中華そば

荻窪ラーメンと言えば春木屋だが、こちらは春木家。屋じゃなくて家である。なんと創業昭和6年。1931年。満州事変の年というから驚きだ。もちろん春木屋よりも古く、日本でも屈指の古さの中華そばと言える。

もともと荻窪の中華そば店は信州の蕎麦がルーツになっているが、ご他聞に漏れずこの店もルーツは蕎麦であり、今でも蕎麦/うどんも主力。粗挽十割蕎麦も提供する。その上で中華そばがメインであり、親子丼や天丼、カツ丼なども置く、関西的に言えば「町のうどん屋」関東的には「町の蕎麦屋」である。

どこか遠〜〜くに連れていってくれるような純粋な醤油の中華そば。透き通った中華そばである。深い深い醤油の味わい。

昭和6年創業とはいえ、リニューアルされていてきれいな店内。ラーメン屋というよりはやはり蕎麦屋であり、そこで中華そばを戴く感じ。荻窪駅から10分ほど歩く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life