その他

先週来、“ラーメンの鬼”佐野実さん、そして周富徳さんなど料理人の訃報が続きました。


ラーメンの鬼佐野実さん死す 多臓器不全


佐野さんに関して、メディアなどでは
<客に対しても厳しく、藤沢時代は麺がのびるから「私語、携帯電話禁止」、香りを損なうから「香水厳禁」などと店内に掲示。スープを残すことさえ許さなかった。>
とあるように「客に厳しい」面がフィーチャーされるけれど、交遊があったコラムニストの勝谷誠彦さんが放った言葉が印象的でして。


曰く、
『<客に対して厳しい>というのは少し違う。「料理に対して優しい」のだ。』


魂込めて、愛情込めて創った料理だからこそ、それ相当に接して欲しいという思いだったのでしょうな。
「料理に対して優しい」、エエ言葉やと思います。


私はハッキリ言って自分で料理が出来ません。…

全文を表示

訪問 2013年8月16日。


今、和歌山にて少しずつ話題になりつつある移動式カフェ「ラポラポ」。

オレンジの車が目印。

カスタマイズされた車。
ドアには羽根がついている。



ラポラポ店主 倉田氏は、その昔、僕と一緒に仕事をしたこともある友人である。…

全文を表示

ベニエという食べ物をご存知でしょうか。

僕が知っている限りでは、カフェデュモンドという店でしか見た事がないのですが、簡単に言うと手のひらサイズの四角いドーナツで、ホクホクのサクサクで、パウダーシュガーがまぶしてあります。

これに、メイプルシロップやホイップクリームやストロベリーソースやチーズなんかを付けて食べます。

チェーン店なのですが、どういうわけか辺鄙な場所に多く、東京の繁華街では唯一池袋にあるくらい。大阪だと茶屋町にある(店舗リスト)。

これがどういうわけか昔、地元の四日市の松坂屋に併設されていたアムスクエアの1Fにあって、よく買い物ついでにオカンや姉と食べたものでした。松坂屋が閉店し、アムスクエアからララスクエアに変わるにあたってカフェデュモンドも立ち退いてしまい、ベニエは四日市では食べられなくなりました。

このカフェデュモンドを新百合ケ丘のミロードの中に発見して、久々に食べました。…

全文を表示

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

タグ一覧

アーカイブ

Produced by Get a life