Live鑑賞 ~ CAMERON GRAVES Live at BlueNote Tokyo 2020

2019年10月2日。2nd Show。

Live鑑賞 ~ CAMERON GRAVES Live at BlueNote Tokyo 2020


CAMERON GRAVES Live at BlueNote Tokyo 2020

The EXP Series #35
キャメロン・グレイヴス


Cameron Graves(p,key)
キャメロン・グレイヴス
(ピアノ、キーボード)
Colin Cook(g)
コリン・クック(ギター)…

全文を表示

ありがとう!ライル・メイズ

恐らく今頃、世界中のパットメセニーグループファンが、’80〜2000年過ぎくらいまでのメセニーグループの楽曲を聴きまくっているのではないだろうか。

突然の訃報。
聞いた時、絶句してしまった…

Noted Jazz Keyboardist Lyle Mays Dies at 66

パット・メセニー・グループで活躍 ジャズ・ピアニストのライル・メイズ死去

いつの日か、またメセニーと共に演奏するライルを見れることを期待していただけに、いや、メセニーと一緒でなくてもライル単体でもぜひ聴いてみたいアーティストだっただけに、本当に残念でならない。

もうすぐ発売されるメセニーの最新アルバムがどのようなものなんかはまだ未知数だが、往年のファンであれば、ここ10年くらいのメセニーサウンドに何かが欠けている、、、と誰もが感じているはずである。
それはどうしたってライルのピアノ/キーボードであった。

メセニーグループ以外の活動があまり知られていないというか、どういう事情かは分からないが実際に他のミュージシャンと交流したり、来日したりすることがなかったから、メセニーのファン以外の人たちからはほとんど知られていないと言ってもいいだろう。

けれど、この人ほど過小評価されているアーティストはいないのではないか(決してメセニーのファンは過小評価してないけど)。
とにかく難解すぎるメセニーの楽曲(というか、自身の楽曲でもあるけれど)をいとも簡単に弾きこなすだけでなく、大空へ飛翔するような気持ち良いソロを毎度取れるのはこの人しかいない(時にはメセニー以上のソロを取る)。

さらにそれは誰かのマネでもない。どっから切り取っても一発でライルメイズと分かるピアノ/キーボード。
聴いてるともうむちゃくちゃ気持ちいいったらありゃしない。

思えば、最初にメセニーグループの音に出逢ったのは、姉が持っていたアルバム「Letter from home」のカセットテープ(!)だったが、ラジカセから1曲目「Have you heard」の1音が出た時に、部屋の空気が変わり、中学生の多感な時期のぼくに衝撃を与えた。
その衝撃の1音こそライルのピアノだった。
そこからの長い長いお付き合い。
高校の頃、受験勉強中、大学に入ってサークルで、その後の人生、自身の結婚式でも「Better Days Ahead」を演奏したくらいである。…

全文を表示

Live鑑賞 ~ Omar Sosa & Yilian Cañizares ‘AGUAS Quartet’ Live at BlueNote Tokyo 2019

2019年10月2日。2nd Show。

Live鑑賞 ~ Omar Sosa & Yilian Cañizares ‘AGUAS Quartet’ Live at BlueNote Tokyo 2019


Omar Sosa & Yilian Cañizares ‘AGUAS Quartet’ Live at BlueNote Tokyo 2019

オマール・ソーサ &…

全文を表示

Live鑑賞 ~ Michel Camilo with BIG BAND Live at BlueNote Tokyo 2019

2019年9月6日。2nd Show。

Michel Camilo with BIG BAND Live at BlueNote Tokyo 2019


Michel Camilo with BIG BAND Live at BlueNote Tokyo 2019

ミシェル・カミロ with ビッグバンド


Michel Camilo(p)
ミシェル・カミロ(ピアノ)
Ricky Rodriguez(b)…

全文を表示

Live鑑賞 ~ 立川談春 35周年記念公演 ~玉響-tamayura~ 第四夜 ゲスト aiko at シアターコクーン

2019年8月30日。

立川談春 35周年記念公演 ~玉響-tamayura~ 第四夜 ゲスト aiko at シアターコクーン


立川談春 35周年記念公演 ~玉響-tamayura~ 第四夜 ゲスト aiko at シアターコクーン


立川談春
ゲスト aiko


<Set List>
落語「紙入れ」 談春

~婀娜っぽいおはなし~ 談春&aiko

ライブ aiko
1.夏が帰る
2.夢見る隙間
3.自転車
4.宇宙で息をして
5.beat…

全文を表示

Live鑑賞 〜 矢野顕子トリオ featuring ウィル・リー & クリス・パーカー Live at BlueNote Tokyo 2019

2019年8月23日。2nd Show。

矢野顕子トリオ featuring ウィル・リー & クリス・パーカー Live at BlueNote Tokyo 2019


Akiko Yano Trio featuring Will Lee & Chris Parker Live at BlueNote Tokyo 2019

矢野顕子トリオ
featuring ウィル・リー &…

全文を表示

Live鑑賞 〜 Lauren Desberg Live at BlueNote Tokyo 2019

2019年7月7日。2nd Show。

Lauren Desberg Live at BlueNote Tokyo 2019


Lauren Desberg Live at BlueNote Tokyo 2019

ローレン・デスバーグ


Lauren Desberg(vo)
ローレン・デスバーグ(ヴォーカル)
Lucas Pino(sax)
ルーカス・ピノ(サックス)
Mathis Picard(p)
マティス・ピカード(ピアノ)
Aaron Liao(b)
アーロン・リャオ(ベース)
Jonathan…

全文を表示

Live鑑賞 〜 KIRINJI PREMIUM 2019 at Billboard Live TOKYO

2019年6月7日。

Live鑑賞 〜 KIRINJI PREMIUM 2019 at Billboard Live TOKYO


出演:KIRINJI
堀込高樹(vo/gt)
田村玄一(pedal steel/steel pan/vo)
楠均(dr/per/vo)
千ヶ崎学(bass/vo)
弓木英梨乃(vo/gt/vl)

Support Musicians:
矢野博康(per/manipulator)
渡辺シュンスケ(key/cho)

<セットリスト>
01.ペーパープレーン
02.時間がない
03.Soft focus
04.ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ [セルジュ・ゲンスブール]
05.いつも可愛い…

全文を表示

Live鑑賞 〜 John Scofield “COMBO 66” Live at BlueNote Tokyo 2019

2019年5月29日。2nd Show。

John Scofield “COMBO 66” Live at BlueNote Tokyo 2019


John Scofield “COMBO 66” Live at BlueNote Tokyo 2019

ジョン・スコフィールド “コンボ 66”


John Scofield(g)
ジョン・スコフィールド(ギター)
Gerald Clayton(p,org)
ジェラルド・クレイトン(ピアノ、オルガン)
Vicente…

全文を表示

私的 平成の日本のうた 30

平成が間もなく終わる。

というわけで、完全に私的ではあるが、平成における日本のアーティスト/ミュージシャンの歌を30挙げておきたい。

これを選定するにあたり、自分で課したルールは

唄うアーティストは原則1人(1組)から1曲

作詞作曲はできるだけ被らないようにする

曲の発売が平成のものに限る

ということ。
それにしても、選定していて我ながらビックリしたのは、チョイスしようと思った曲が、昭和に発売されている曲が多いということだ。
それだけ昭和には平成を通し、令和にも続いていく普遍的な名曲が多いということか。

こういう企画は、個人の嗜好がモロに出てしまうので、恥部をさらけ出すような感覚もあるのだけれど、時代の一区切りということで、この先、生きていく自分への備忘録的意味合いも含めて記しておきたい。

個人的には、曲調もさることながら、やはり「詞」がかなり重視されているなぁという印象。


まずは、以下に、30挙げる。
(順位をつけるわけではないので、曲名を50音順にした)
その下に、それぞれの曲の寸評を。

1.ああエキセントリック少年ボウイ エキセントリック少年ボウイオールスターズ
2.undercooled 坂本龍一
3.あんまり覚えてないや Mr.Children
4.WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント H Jungle with t
5.うちゅうひこうしのうた 坂本真綾
6.エイプリルフール 冨田ラボ…

全文を表示

Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャン幼少の頃より音楽を始めとしたあらゆるエンターテインメントに触れる機会を持つ。学生時代はフュージョン系サークルにもプレイヤーとして所属。→ [ 詳細 ]

アーカイブ

Produced by Get a life