Monthly Archives: 3月 2012

No one makes it right.

いろいろな事を考えてこの歳になった。

色々な局面を迎えて。

悩み。答えが分かった気がしていたけれど、

また一周して、今ここにいる。

そんな気がしている。

どう考えても、来るべくしてここに来た。

そう思えるのだ。

随分と本を読んだ。

この数週間だけでも、20冊くらいは読んだ。

私は知らないことが多すぎる。… Continue reading

ある日の友人からのメール

何年も前。

もうボロボロさ。。と愚痴る私に。

 

なにもボロボロじゃないさ。

まだ生きている。

まだこれからの人生の方が長い。

わかったような顔でも所詮まだxx歳さ。

50になったら28も33も変わらん。

まだまだ 若い!

何でもできたというだろう。… Continue reading

Murakami

久しぶりに村上龍の本を読んでいる。

頭がいいようで悪そうで実はいい、あの感じが昔から好きだ。

けっこう影響を受けているかもしれない。

とくに男についての基本的な考え方。

頭の悪い男はスポイルされる。

つまり淘汰される。

誰にでもできる恋愛というエッセイがあったけれど

その中身は、恋愛は誰にでもできるものではないと言っている。

恋愛は選ばれたものにしかできない時代がくる。

それは男であれば頭がよくて力のあるもの。… Continue reading

黙祷

夢中で勉強した青春もあった。

一日中。勉強していた。

本棚に並んだ 法律の本の山。一冊6千円くらいする本もある。

夢中で読みふけった。

昼間、写真が出てきたのだ。

大学生の頃の写真。

一緒に写っている友人は今、裁判官をしている。

 

今、私はどの辺にいるんだろう。

そう考えながら、お湯を沸かしインスタントコーヒーを入れた。… Continue reading