私のラーメン店評価基準はこちら


真風 @吉祥寺
訪問 2018年8月11日(初訪問)


鯛塩

「真風」と書いて「まじ」と読む。鯛ラーメンと言えば、例えば“鯛塩そば 灯花”や青梅にある“いつ樹”のような、いい意味での鯛臭さ全開のラーメンを想定してしまうのだが、この店のそれはちょっと違う。

鯛臭さというよりもいろいろミックスされた雑味ある味。敢えて言えば「焦がし鯛ラーメン」という感じ。

フォルムは家系風で海苔やほうれん草まで載っているのだが、味や麺は全然違う。具材はどれも柔らかくて食べやすく、麺とのバランスも良い。

上記した「灯花」や「いつ樹」のような鯛感までには到達しておらず、鯛を謳うならばもうワンパンチ鯛感も欲しいところ。ただ、これはこれとして完成形。

白ごま、胡椒、黒七味、酢、辛子高菜など調味料もいろいろだし、かと思えばコーンやバターなどトッピングもさまざまあり、バラエティな変化が愉しめる。

たまたまかもしれないが、BGMはクロマニヨンズや永ちゃんや竹原ピストルなど。そこも津軽三味線とマッチする「灯花」とはまた違って、このラーメンには合っている。

カウンターのみ。ハンガーあり。スタッフの対応も丁寧で、さすがに吉祥寺の駅から近いこともあってお客もいっぱい。鯛塩のみにあらず、くろ(醤油豚骨)・しろ(白湯豚骨)・味噌と様々あるので、今後も改良を重ねながら激戦区を生き抜いて欲しい一軒。

真風の水

真風の場所


Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

タグ一覧

アーカイブ

Produced by Get a life