私のラーメン店評価基準はこちら


千石自慢らーめん @駒込
訪問 2018年6月28日(初訪問)


ねぎもやしらーめん 味玉

実は初訪問なのだが、かれこれ30年同じ場所で営業していて、以前から気になっていた。当ブログでは主張していることだが、好むと好まざるとに関わらず、東京で30年も営業していること自体がもうスゴい。

いわゆるラーメンブームの少し前からの営業で、いわゆるひと昔まえの背脂豚骨醤油、東京風豚骨醤油と言ってしまえばそれまでだが、そこはさすがに歴史の重さというか、同じような化学調味料系ラーメンであっても一味二味違うもの。この店のラーメンは見た目よりもスルリと麺も具もスープも喉へ抜けていく。得てしてこの手のラーメンは具のバランスが悪いとスルリとは行かずに途中で「もうええわ!!」とツッコミの一つも入れたくなるようなものもあるが、千石自慢ラーメンはそれがない。

他の店の背脂豚骨醤油よりも若干醤油の濃さが目立つ。

住所的には本駒込だが、巣鴨駅から近い。1階はカウンターのみ。2階もあるようだ。巣鴨駅から少しだけ歩くが、いくつかあった周りの名店も店を閉める中、ここは改装も施した上で元気に深夜までやっている。’90年代のラーメンを存続させてくれている1店、これからも変わらずに。

千石自慢らーめんの水

千石自慢らーめんの場所


Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

タグ一覧

アーカイブ

Produced by Get a life