私のラーメン店評価基準はこちら


麺処 一笑 @南阿佐ヶ谷
訪問 2018年1月18日(初訪問)


ラーメン プレーン

ラーメンという食べ物はまだまだ可能性があるなぁ、とあらためて感じさせる一杯。味はもちろんだが、どちらかと言えばこの店の場合「召し上がり方」のユニークさである。

まずはどのラーメンも「プレーン」の状態がベースなので、それにどんな野菜や肉を盛り込むかということを客が決めていく。

そのメニューのラインナップが以下(2018年1月現在)

まずはプレーンを頂く。スープと麺のみである。これが旨い。火入れや熟成期間を6年も研究したという豚骨のみの渾身のドロドロスープ。
素の状態のこのラーメンとスープだけでも十分においしい。

ここにかなりの量の野菜をブチ込むわけである。野菜が見事に絡む。
ふつう、これだけモヤシやキャベツを投入するとスープは負けるものだが、麺もスープも野菜そのものも負けない。バランスピカイチ。
これは絶対に家で作ることは不可能なラーメンだ。

野菜を投入したあとの状態

野菜のバリエーションも好みに応じて変化できるので素晴らしい。めちゃめちゃヘルシーなラーメンである。
どうりで女性客も多く、ド平日の14時半でも客足が絶えない。

なかなか濃厚な豚骨スープなので唇がネッタネタになる。

東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅からすぐ、JRの阿佐ヶ谷駅からでもパールロードを楽しみながら青梅街道へ出てすぐなので便利といえば便利だが「食うぞ!」という気概がないと東京でもなかなか遠い場所である。昼のみの営業。
カウンターのみ。ハンガーなし。黙々と若手スタッフが作っている。
まだまだこれからバリエーションが増えそうな楽しみな店。

麺処 一笑の場所


Writer:オーシャン

コラムニスト:オーシャンこのブログでは、私のライフワークである旅、滝めぐり、ラーメン食べ歩き、食レポート、温泉/旅館/ホテルなどについて、徒然に綴っています。→ [ 詳細 ]

タグ一覧

アーカイブ

Produced by Get a life